イベント情報

イベントレポート

2023/9/9 NPO法人ら・し・さ 創立20周年記念講演会

報告

開催日時:2023年9月9日(土)14:00~17:00

内  容:

1.理事長あいさつ
2.来賓あいさつ
3.「ら・し・さの歩み」20年
4.講演
司会:石原敬子(ら・し・さ会員)

1.理事長あいさつ(理事長 若色 信悟)
・人生後半期を「自分らしく」生きるため、暮らしとマネーに関する情報提供を目的としてスタートして20年が過ぎた。これまでご支援に深く感謝したい。

・創設翌年にはライフプランに根差したエンディングノート(現、ら・し・さノート)を開発し、ノートの構成と内容がこの分野の基本となっていることは喜ばしいことである。

・今や、この分野は「終活」という言葉で括られるようになり、当法人も2006年に終活アドバイザー協会を発足させ、現在、約4,300名の終活アドバイザーを擁する。

・これまで地道な社会公益活動を続けてきたが、人生後半期を安心して生き生きと過ごすためにも、もっと私たちの活動を国民に理解していただく必要がある。

・そして「終活アドバイザー」の認知度向上とブランド力を高めて「信用」と「信頼」の団体にしていきたい。これまでのご支援に感謝し、引き続きご指導ご鞭撻を賜りたい。

2.来賓あいさつ(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会専務理事、千葉商科大学教授 伊藤宏一氏)

・創立20周年おめでとうございます。「ら・し・さ」のこれまでの素晴らしい活動に敬意を表したい。

・ライフプランと資産設計はファイナンシャル・プランニングの根底であるが、昨年度から高校生への金融教育が必修となった。

・若者への金融教育もさることながら、さらに重要なことはシニア世代への金融教育の必要性である。加齢と認知症など高齢期の脆弱性問題がある中で、シニア期の安定的な資産運用と資産管理・相続等は、重要な社会課題であり、シニアに対する金融教育と相談体制の確立が急務と言える。

・そのために政府は、中立的で信頼できるアドバイスを提供するための仕組みとして金融経済教育推進機構の設立を目指し、その法案がこの秋の通常国会に上程される見込みである。(注:本法案は令和5年11月20に成立し、令和6年4月1日から施行されます)

・人生後半期の暮らしとマネーに関する情報発信を続ける貴会に期待したい。

3.「ら・し・さの歩み」20年(副理事長  山田静江)

・創設時から理事として関り、アッという間20年間であった。

・朝日新聞で「ら・し・さノート」の前身である「ラストプランニングノート」が取り上げられ、ひっきりなしに電話での注文が舞い込み、会員による発送作業が10日間も続いて、てんてこまいであったのが懐かしい思い出となる。

4.記念講演

前座:落語 「三途の川の渡り方」 介護亭楽珍 氏
講演:「最後まで目いっぱい生きる」 緩和ケア医 萬田緑平 氏

講演の前座を務めたのは介護亭楽珍氏、演目は『三途の川の渡り方』です。

ケアマネージャーとしての介護経験を活かした創作落語は、あるあるネタのオンパレードで、会場が笑いの渦となりました。

「死を見つめるということは、そこまでどうやって生きるかを考える。終わりの時間があるから、今の時間を大切に自分らしく生きる」この言葉が正に終活の要点だと、再確認出来ました。

会場が暗くなり、萬田緑平先生が登場。

先生は、在宅緩和ケア医としてこれまで約1400名の看取りに関わってこられました。演題は『最後まで目一杯生きる』です。

ご家族に囲まれ最後に看取られる様子が次々とスクリーンに映し出されました。終末期の患者さんやご家族に悲壮感が無く、それどころか、お互い「ありがとう」と穏やかで暖かく清々しい!先生は、映像を見ながら穏やかな声で次のような事を語られました。

『本来、医療は本人の為のもの。家族の望みや医師の勧めで人生の最終章を決めるのではなく、本人の意思を周りは徹底的に尊重する。死ぬのを手伝うのではなく、生きるのを手伝う。「今まで付き合ってくれてありがとう」と言える時、今、言っておこう。』

逝く人送る人両方が幸せになれる大切な言葉だと気づかされました。
感動の連続で、私も含め大勢の方が涙を流しながら傾聴していました。このご講演は古希を迎えた私にとっての道しるべとなりました。
(NP0法人ら・し・さ正会員 吉田公子 記)

ページトップに戻る ▲